お知らせ

地元向け広報誌“「再誕の丘」だより”第12号を発刊しました 2018年7月2日

  美祢社会復帰促進センターでは、地元豊田前地区及び近隣住民の方々や関係機関等に向けて、近況等の情報を発信することにより、当センターに対する理解を深めていただき、今後とも地域の方々をはじめ、国民に理解され支えられる刑務所の実現に努力していくことを目的として、平成24年12月1日より地元向け広報誌“「再誕の丘」だより”を発刊しており、本年7月1日に第12号を発刊しましたのでご紹介いたします。
  第12号については、去る5月20日に開催された“豊田前愛のまごころ矯正展2018”の様子、本年4月1日付けで着任されたセンター長・総務部長・調査官のご挨拶を始め、本年3月1日から運用を開始した自立型飛行監視ロボット「セコムドローン」のご紹介、本年2月5日・3月5日に開催された仕事フォーラム〈受刑者の社会復帰へ向けた取り組み〉の様子、センター生の改善指導に携わっていただいている講師〈美祢市更生保護女性会会長〉のご紹介等、地域との共生に向けて取り組んだ内容を中心にご紹介しております。
※“「再誕の丘」だより”は、今後も年2回(原則として1月・7月)700部を発刊していく予定であり、次回(第13号)は2019年1月1日に発刊する予定です。
  発刊する“「再誕の丘」だより”については、地域住民の方及び美祢市役所、山口県庁及び在山口法務関係の機関等に配布します(地域住民の方へは、美祢市の発行する広報誌「げんきみね」に折り込み、配布して頂きます)。 皆様にとってわかりやすい内容で、当センターの近況や矯正行政等をご紹介してゆく所存ですので、ご期待ください。
※資料はPDF形式ファイルです。

発刊第12号 美祢社会復帰促進センター 「再誕の丘」だより 「再誕の丘」だより


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。最新版のAdobe Readerはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。
Adobe Reader(ダウンロードサイトへ)
Adobe Reader(ダウンロードサイトへ

平成30年度  国家公務員  刑務官採用試験 受験案内 2018年6月28日

◇ 受験資格 ◇
 【刑務A及び刑務A(武道)】     H1.4.2〜H13.4.1生まれの男子
 【刑務B及び刑務B(武道)】     H1.4.2〜H13.4.1生まれの女子
 【刑務A(社会人)】     S53.4.2〜H1.4.1生まれの男子
 【刑務B(社会人)】     S53.4.2〜H1.4.1生まれの女子

◇ 受験申込期間 ◇
  インターネット申込 :  7月17日(火)〜7月26日(木)
  申込専用アドレス[ http://www.jinji-shiken.go.jp/juken.html]
  (7月26日(木)までに申込データを受信完了したものに限り受け付けます。)

  郵送又は持参申込 : 7月17日(火)〜7月19日(木)
  (郵送又は持参による申込みをご希望の方は、問合せ先までご連絡ください。)

◇ 試験日程 ◇
 【第1次試験】      9月16日(日)    合格発表日  10月10日(水)
 【第2次試験】     10月18日(木)〜10月24日(水)
 【最終合格者発表日】     11月20日(火)

美祢社会復帰促進センター庶務課(人事係)
◇ 問合せ先 ◇
TEL 0837-57-5131(内線122)

“豊田前 愛のまごころ矯正展2018”を開催しました 2018年6月7日

5月20日(日)09:00、厚保小学校吹奏学部のファンファーレにあわせ、美祢市長をはじめとするご来賓とともにテープカットが行われ、“豊田前愛のまごころ矯正展2018”が開催されました。当日は、過去の矯正展に比べ一番の好天に恵まれたこともあり、初めて2、000名を超えるお客様にご来場いただきました。
イベントでは、例年人気のイベントに加えて、今回初めての試みとして“鮎のつかみどり体験”を催しました。特設の池を造り前日からカルキを抜くなど、準備は大変でしたが、小さなお子さんがズホンをずぶ濡れにしながらも一生懸命に鮎を追う姿に、応援する親御さんも熱くなり、大盛況となりました。また、毎回人気の施設見学も11時過ぎには午後からの最終組までが満席となり、多くの来場者に刑事施設を見学して頂きました。
特設ステージでは、地元の小学生・高校生による吹奏楽演奏、和太鼓、ジャズ演奏、ミニライブのほか、神楽、紙芝居、盲導犬デモンストレーションも行われ、バラエティに富んだステージとなりました。また、恒例となったM-Girls・Mザイル〈センターの職員で編成されたダンスユニット〉のダンスパフォーマンスと餅まきで会場を盛り上げました。
来年は“豊田前 愛のまごころ矯正展”と命名してから5回目の矯正展となることもあり、更に趣向をこらしたイベントをご用意します。最後に、開催にご協力をいただきました美祢市や近隣地区の多くの皆様に、厚く御礼申し上げます。