お知らせ

「豊田前 愛のまごころ矯正展2018」開催のお知らせ 2018年5月1日

日頃から当センターへの御理解と御支援をいただきありがとうございます。
今年も、第14回目となる矯正展“豊田前 愛のまごころ矯正展2018”を下記のとおり開催いたします。本年も、当センターで実施している矯正処遇の紹介、刑務所作業製品の展示・販売のほか、地域の皆さんにも御参加いただき、地域ぐるみのイベントにしたいと考えておりますので、この機会にぜひお越しいただき、センター生の改善更生・社会復帰について、ますますの御理解をいただければ幸いです。

日 時:
平成30年5月20日(日) 午前9時〜午後3時
場 所:
美祢社会復帰促進センター(美祢市豊田前町麻生下10番地)
催し物:
矯正広報コーナー、刑務所作業製品の展示・即売コーナー、山口少年鑑別所による性格検査体験、美祢地区更生保護女性会によるバザー・銭太鼓、地域のみなさまによる飲食店の出店、美祢定食及び矯正展オリジナルメニューの販売、長州風鎮神楽社中による神楽、劇団はぐるま座による紙芝居、竜王太鼓保存会による演舞、「ふれあいセンター」による朝市(野菜等の販売)、カルスト草炎太鼓による演舞、厚保小学校マーチングバンドによる演奏、成進高校吹奏楽部による演奏、スイングビートのジャズ演会、アルパカさんによるミニライブ、Mガールズ及びMザイル(当センターの刑務官によるユニット)によるダンス、施設見学(先着順で、9時から順次受付します)、のりもの大集合(パトカー、消防車の展示)、ふわふわドーム、ふれあい動物園、餅まき〈11:50、14:50の2回〉のほか。
その他:
上記のイベントのほか、今回初めての試みとして“鮎のつかみどり”を計画しており、9時30分から午後2時までに計10回、特設プールに鮎を放します。但し、挑戦できるのは、「自力歩行できる子供〜高校生まで」とさせていただきます。
又、昨年と同様に「美祢市役所前 ⇔ 美祢社会復帰促進センター」間で、無料のシャトルバスが運行されますので、ご利用ください。

2018年5月1日
※資料はPDF形式ファイルです。

豊田前 愛のまごころ矯正展2018 ご案内チラシ ご案内チラシ


PDFファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerプラグイン(無料)が必要です。最新版のAdobe Readerはアドビシステムズ社よりダウンロードが可能です。
Adobe Reader(ダウンロードサイトへ)
Adobe Reader(ダウンロードサイトへ

「NPO法人関西演芸推進協議会」様による慰問演芸を開催しました 2018年4月20日

 3月17日(土)「NPO法人 関西演芸推進協議会」様のご協力により慰問演芸が行われました。当センターでの関西演芸推進協議会様による慰問演芸は今回で4回目となります。
 今回はキングレコード所属の歌手“井上由美子”さん、よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属の落語家“月亭八方”師匠、お笑い芸人の“どさけん”さんと“きみどり”さんの4組のゲストをお招きしました。
 司会は『山口県住みます芸人』でもある“どさけん”さんにご担当いただき、笑いを交えた進行で会場を盛り上げて頂きました。
 まずトップバッターは2017年 関西演芸しゃべくり話芸大賞で優勝された“きみどり”さんに漫才を披露いただき、次に“井上由美子”さんによる演歌を披露いただきました。井上さんが歌われた2曲目は故郷にいるお母さんを想い歌われた『暖め鳥』で、聴いて涙するセンター生も多くいました。 そしてトリは現在上方落語協会で理事をされている “月亭八方”師匠による落語が披露されベテランの技巧を見せていただきました。一般的に使用されている「とちり」や「すべり」といった言葉が、実は笑いの世界で発祥した言葉であることを分かりやすく教えてくださいました。
 センター生にとっては、様々な感性に触れることで自身の良識が広がるとともに、社会復帰に向けての準備の一環になったのではないかと思われます。
 今回本慰問演芸を開催するにあたり、多大なるご尽力をいただきましたゲストの皆様をはじめ関西演芸推進協議会様に感謝申し上げます。

“インフルエンザ予防対策”解除のお知らせ 2018年3月23日

 美祢社会復帰促進センターでは“季節性インフルエンザの予防対策”として、昨年12月21日より、消毒液による手指消毒やサージカルマスクの着用を、職員に徹底させるとともに、面会・施設参観等でセンターに来所される方に対しても、ご協力をお願いして参りましたが、世間一般にもインフルエンザの流行が治まってきたことから、3月23日(金)をもちまして、インフルエンザ予防対策を終了することとしましたので、お知らせします。
 予防対策の期間中、ご協力いただきましたことを、厚く御礼申し上げます。